ドイツに呼ばれて

主人の駐在に伴いフランクフルトにやってまいりました。

コロナにかかった時の準備 その1

自分だけは絶対感染しないと思っている人の中の1人、あさこです。

 

今はかからないように用心に用心を重ねて生活しているけれど、ここドイツではいつかかってもおかしくない状況。

いざという時に慌てず冷静に対応できるように準備をしておくといいかなと思った。

覚え書きです。

思いついたものを書いていくのでもしご参考になさる場合は、ご自身で納得したものだけを取り上げて下さいませ。

 

んじゃ早速

 

家族の中でおかしいなと思ったら

(主人が怪しい場合)

1.かかりつけ医に電話

検査で陽性が出たら 

   ↓

2.自宅療養なら自宅内隔離

3.呼吸困難になってしまったらかかりつけ医へ電話、もしくは112番へ連絡。

4.入院かも?入院準備

 

1.かかりつけ医の電話番号は携帯に登録しておいたほうが良さそうね。みんなやってるって?さすが駐妻ね。私はこれから。

昨年末までは検査は空港か保健所が結果が早かった。かかりつけ医は2、3日かかっていたけれど今もそうなのかしら。

空港検査は日によって混雑時間が全く違う。

狙い目は朝1番の時間。この時間は空いてるという情報を何件か聞いた。

6時からやってるよ。7時でも空いてたって。

金額はサイトにもあるけど結果が最短かそうでないかで変わってくる。

事前に予約しないといけない。予約サイトでは時間の予約はできずフォームに受ける日と必要事項を入力してから行く。

着くといくつか質問されます。いつ歯を磨いたとか、あと忘れたな。3つほどだった気がする。

フランクフルト空港のサイト

 

2.ここ気をつけなきゃね。隔離と言ってもベッドで寝たきりなわけではなく食事もすればトイレにだって行くし歯も磨く。

子供達と接触しちゃうかも。

寝室、トイレ、洗面所を他の家族と分けなければいけないのか。

歯磨きくらいは洗面器と歯ブラシセットを寝室に持ち込めばいけるか。

食事や水分はニートのようにドアの前に置いてノックして去っていけばいいのか?

ん?そもそもベッドから起き上がれるのか?

妻が侵入しなきゃならない?

防護服なんて無いし。カッパの出番だな。

3.呼吸困難になると喋るのも辛い。水で溺れた時のようになるみたいなので問いかけてそうだといえばすぐ112に電話して救急車を呼ぶ。

電話のお相手、きっとドイツ語よね。

会社の現地の人に112に電話する時どう言えばいいか聞いてメモしとくといいかも。てか可能ならその人にそん時電話してもらってもいいかもね。

その辺大きな企業なら対応のマニュアルがあるのかしら。私にも教えて欲しい。

 

4.隔離準備も入院準備も似たようなものよね、きっと。

あれ?感染病棟って着替えってどうするのかしら。わかんないからとりあえず

パジャマ

パンツ

クロックス的な履き物

歯ブラシ

シャンプー

携帯充電器

髭剃り

インスタント味噌汁 

保険カード

 

これくらいかしら。なんだか心許ないわね。

まいっか。

 

↑これ、主人バージョン

 

↓ここからママバージョン

 

おかしいなと思ったら

1.主人に速攻電話、マッハで帰ってきてもらう。子供達にコロナかも宣言。

2.主人にかかりつけ医に電話してもらう

3.検査

4.以降主人バージョンの2、3、4と一緒

 

1.主人も感染してるかもしれないから会社から退散願う。

2.主人よ、☎️頼みますよ。

3.よく考えたら検査は家族全員よね。んじゃ全員で1台の車に乗って行くのか?私が動けそうなら自分で運転していくか。そして残りは後発で行けばいいか。主人バージョンも一緒だね。

タクシーという手もあるか。

4.入院準備も一緒よね。

あ、髭剃りは要らね。

イヤホンとかあったらいいな。

 

ざっとこんなもんかしら

もしママが動けなくなった時の食事の指示も考えておこう。

 

それではまず

ゆで卵10個作って冷蔵庫に入れてお腹空いた時に食べてね

そして

カルトフェルズッペは簡単だからやってみて

ツナマヨサンドとか美味いぜ

卵とベーコンでハウルの気分味わって

パズーになってみてもいい

カレーにチャレンジしてみるかい?

どんな肉も焼いて塩振るだけでご馳走よ

ブロッコリーはスープが完成する6分前に入れると美味いよ

冷凍の鯖は解凍してフライパンで焼くだけ

モッツァレラとトマト素敵よね

大根と豚バラの炒めものって感動よね

お鍋にお肉と野菜とお水を入れ火にかけた後中華だしと塩で至福が訪れる

アボカド丼サイコー

 

 

これを息子のLINEに送ろう

あとは自分でググってくれ。

 

なんだろ。この1泊の旅行に行ってきます的な準備。全く危機感がない。

何か思い出したら追記しよう。

 

フランクフルト領事館のサイトにもしもの時の対応が載っていました。手がかりになりそうなものは全部ドイツ語よん。

フランクフルト領事館 新型コロナウィルスに関する最新情報

↑今日現在の情報です。情報は随時更新されます。

必要な事は全てドイツ語です。google翻訳かけたら、やたら時間かかるし翻訳結果が意味不明 笑

駐在の為の情報ではなくドイツ語のできる移住組の為のサイトなのかな。

駐在は会社からなんか情報もらえるだろ。無駄な労力は使わないぜ、なんてったってここはドイツだからな!的な?ウケる。

 

かかった後に確認するより事前にざっと目を通しておくと必要な情報にたどりつける事があるかも。(サイト内にURLがたくさんあり、色んな所へ飛ばされてドイツ語の森で迷子になるので気をつけて)

自分の身は自分でなんとかせにゃならんのですよ。

 

でもでも困ったら親切なお友達や会社の同僚の方、ご近所に遠慮無く頼っていいと思います。接触をしなくてもお買い物などお手伝いができますからね。

 

まだ知り合いでかかった人はいないしこれだけ感染多くてもどこか遠いお話に聞こえるけれど明日は我が身よね。震災と一緒で準備は安心につながる。

 

1個でもお役にたててるとムフってなります。

では👋

 

 

 

 

餃子のタレ

こんばんは

あさこです。ニット帽がぜんっぜん似合わないあさこです。 

なんだろ。犯罪者みたいな顔になるの。

どうにかして。

 

雪のち雨。

上げて下げる的な。

朝から雪が積もって大喜びの子供達。学校が終わる頃には雨が降りふわふわの雪が屋台のかき氷みたいに。それでもソリ滑りに行ったけどね、雨の中。泣きつかれたらしょうがない。

 

ずっと引きこもってるとなーんもやる気が無くなるし子供の相手もそこそこ。音読なんてほとんど聞いてない。あ、それはいつもか。

 

たまには付き合ってやるかと久しぶりに公園へ行った。

短足でちょいぽっちゃり犬が足がほとんど埋もれお腹を擦りながら走り回ってたのがかわいかったなぁ。喜びが全身から溢れてた。

 

傾斜をソリで滑る子供達の楽しそうな姿を見ると心が癒される。

降る雨も気にならなくなるんだね。

久しぶりに心から笑った気がする。

子供にはいつも予想外の事がおこるんだなぁ、面白い。

たまには外遊びも悪くないな。

 

久しぶりに老体にムチ打って歩いたからヘロヘロの夕方。

献立なんて考えられない。

ので、

本日は冷凍餃子。

と、タンパク質摂取の為牛肉の焼いたやつ。

スープも作ったな。頑張ったな、私。

 

餃子は我が家はいつもポン酢で食べていたけれど久々すぎてその事を忘れており、餃子のタレといえば醤油と酢だな、と思い小皿に醤油を入れ…あ、日本ものの酢がない。リンゴ酢でいっかとリンゴ酢を合わせてみた。

これが当たりだったよう。とにかくタレが美味しいと子供がタレをめっちゃ付けて食べる。

 

なるほど、普通の餃子のタレには砂糖も入ってるもんね。リンゴ酢の甘味で充分なのか。

 

寿司酢もリンゴ酢に切り替えていた我が家。

酢飯にする時はもちろんお砂糖も入れるよ。

 

もう高いお金出して日本の酢を買わなくていい。

ちょっと新たな発見だったので呟いてみました。

 

またね。

 

 

 

変わっていく体

肉、食べてますか?

最近めっきり肉食ばばぁなあさこです。ギャオー

私、あまり脂っこいものとかお肉とかたくさん食べられなくて、ケーキやお菓子などの甘いものも今は受け付けない。

毎日和食や野菜中心の食事だったの。

一昔前は体調が悪くてマクロビだのローフードだのなんだの手を出したりもしたけれど全く好転しなかった。

そしてしばりのあるものはやはり献立を考えるのも作るのも私にとってとてもストレスだった。

なのでここ8年くらいは好きなものを好きなだけ食べる事にしたんだけれど体調は変わらないよね。体重はもちろん増加の一途。

毎日だるい、重い、朝から疲れてる。

そんなだけとドイツに来て少し良くなったの。湿気のせいだと勝手に思ってる。

でもでも完全じゃないんだよね。

やっぱり浮腫む。

ベッドから起き上がれない時もある。

健康診断は毎年行ってるよ。異常無し。毎日の体調が異常なのに健康診断ってなんなんだろうね。

 

でね、そしたらね、最近面白い情報ゲット。

金森式ダイエット。

糖質をとらずタンパク質中心の食事をする事。そして良質な脂を取ること。

気になったらググってみて。

最初は「え!」って思ったの。牛脂を食べる⁉️

どゆこと?あれ食べるものなの?って

色々調べてみると理論が納得がいく。

今まで野菜中心でダメだったんだからやった事ないものに挑戦しようとKOSMIDISまで行って和牛ゲットしてきたわ。

そしたらね、体が変わり始めたの、2日目くらいから。

腸が動く、鳴る。

めっちゃ便が出る。

浮腫みが消えた。

下肢のだるさが無くなった。

朝からお腹が空くようになった。

でも食べなくても平気。

体の中がどんどん軽くなっていく実感がある。

体重計がないし家族も痩せたと言わないから体重が減ったかどうかはわからない。

それでも内臓が軽い事が嬉しい。

今日はなんだかお尻がすべすべしてきた気がした。きっと気のせいではない。

 

はぁ〜💕痩せすぎたらどうしよう。

と妄想するだけで気分が上がる。

 

今日もお牛さまに手を合わせ感謝して寝ます、ありがとうございます。

 

今日も素敵な1日でありますように。

 

 

 

ベン•ハー 2016年版

みなさま明けましておめでとうございます

2021年が皆さまにとって「おいおいおい、これまじラッキーじゃね⁈」的な事がたくさん訪れる1年でありますように。

 

新年から鏡を見て「おいおいおい、マジ痩せたんじゃね?」と喜んでみた。(痩せてないぜ)

あさこです。

 

今日ひっさしぶりにブログに来たらスマホ画面からブログのアイコンが消えてて焦った。更新しないとアイコンはいずこかへ旅立たれるのね。

 

なんとなく映画が見たくなり2016年版ベン•ハーを観ました。

ちなみにアカデミー賞を総なめにした1959年版は未経験です。その上で話します。

 

そしてこれが結構楽しめた!

 

まず映像の臨場感が凄い。

私の知っている映画はだいたい映像を観る側の視点で撮影されているものが多い。いくらヨリのカメラでも、うん、ここはアップなのね的な事をどこかで感じながら観てる。

しかしこの映画は3D用に作られた事もあり、まさに隣にいて同じ体験をしているような感覚にさせてくれる場面が織り込まれている。例えばガレー船が攻撃される場面など、思わず矢を避けて身をかわしそうになる。かわさなかったけど。

時にストーリーを眺める傍観者、時に同じ体験をする者、という両方の立場を味わう事ができた。2Dにもかかわらず。

 

もう一つの面白さはフィクションでありながら新約聖書のシーンが出できたり美術館で見た絵のシーン、服装、鎧、しきたり、など「あーそのまんま!」と思うものがたくさんありそれを見つける事もワクワクしました。もっと勉強していればもっと多く発見できただろうな。

ストーリー自体はあっさりとしてはいるけれどお手軽に見られる感じで私はこのくらいがちょうどいい。

ただ、エンディングシーンで気持ち良くなっているところへ謎の歌が入ってくる。これでたちまち夢から覚めた。

この歌のように劇中もちょいちょい突っ込みたい事はある。モーガンフリーマンその頭はどうした!とか、メリッサの頭もなんとかしてやれとか、まぁその程度だけど見終わるとUSJに行ってきた感があるので良しとする。

小学生でも中学生でも最初の10分を乗り切れば楽しめると思う。少し残酷なシーンもあるけれど、絵と映像の差はあるにしろ鬼滅がまともに見られるなら大丈夫かな。

 

ただ、世間の風当たりは冷たかったみたいね。

風当たりが冷たいと私のように口コミやお星さまの数で映画を選ぶような人はきっと選ばない。

なぜ私がこれを観たかというと父にベンハーが観たいから送っておくれと頼んだらこれがきたのだ。父は大の映画ファンで、中でも1959年版ベンハーが大好きだ。私は観たことが無かったので送って欲しいといったらこっちがきた。父よ、なぜ。

 

次回はノアの方舟に再チャレンジしようかな。

1発目は最初の15分で耐えられなくなっちゃったの。ノアがラッセルクロウだよ!色々気になり過ぎて話しが全く入ってこなかったんだよ。

ま、短気は損気だ。もう少し頑張ってみる。

 

お付き合い、ありがとうございました。

またね

 

 

情報を呼ばなくて

最近フランクフルト領事館から音沙汰無いなー、バカンスかなー、ヨーロッパのコロナ対策に進展ないのかなーと思ってたら今日メール来たね。

リスク区域からの帰国者は要検査だって。

リスク区域ってどこなんだろうね。

 

検索した。

 

日本人が行きそうにないとこばっかりだったけどスペインやアントワープあたりなら行く人がいそう。

基本的にリスク区域ってドイツ人がバカンスに行かない国ばかりなのね。

ベルギーのアントワープよりパリの感染者数の方が多いのに何故にアントワープだけ検査対象?

マヨルカ島が大変な事になっているけれどここは対象外?それともどこか違う所に記載があるのかしら?私には見つけられなかったわ。大量のドイツ人が行っているはずだけれど...

 

記載や説明がないのはどうして?大人の事情?

理由を知る事で感染も防げるんじゃないかと思うのはこれまた素人の考えかしら。

それともドイツ人には情報源があるのかしら。

 

知ってる?ギリシャに入国するのに24時間前にギリシャ内の行動範囲を登録したQRコードがいる事。無いと入国できない。空港行って知る人続出。ここにくるまで誰も教えてくれないんだよねー。フライトはもちろんキャンセルだよ。

EU圏でも入国が認められた日がバラバラで夏休みに入ってもずっと入国制限している国がある事知ってる?

 

もしかするとみんなが旅行に気軽に行けないように情報をおおっぴらにしていないのかもしれないね。でも観光で成り立っている国もあるよ。ドイツは財政に困ってないからできるんだよね。

 

なんだかよくわからないEU圏の水際対策。何が1番大切かは人それぞれだけれどそれを選ぶのも人それぞれ。情報を持っている側の情報開示がもう少しあってもいんじゃない?

 

先日日本のテレビ番組を見ていたらADの女性が映る場面があった。マスクにフェイスカバー、手袋という出たち。なるほど日本はここまでやるのか。というかここまでやらないと批判を集めるのか、と思ってしまった。

 

対策を打つに越した事はないけれどニュースなどをみていてもコロナ対策というより批判対策になっているような気がする。ま、煽ってる側があり洗脳されてる側があるんだろうけど。

主人の会社もそうだけれど批判されない為にどうするかを日々会議で話している。何が楽しいんだろう。

そんな事を毎日一生懸命考えているからあなたも人を批判したくなるのだ。

そんな自分はお好き?

君の本当の目的はなんだった?

 

そんな批判対策よりコロナを防ぐ為の対策を考えた方が絶対いい。でも過剰過ぎて生きづらいのも本末転倒。気からきた病になってしまう。

 

事業だって売り上げの見込みの答え合わせばかりして何が楽しい?それで顧客が喜ぶのかい?安心する人はいるだろうな。顧客じゃなく闘う拳を失ってしまった社内のリーダーなりトップは安心欲しさに喜ぶだろうな、一瞬。結局安心なんてするわけないんだけどね。

漢気のある有能なトップは机上の空論の数字から安心を見出す事をするかい?それとも実数から戦略を生み出すかい?

 

話がそれちゃった。

何が言いたいかというとちゃんとした情報が欲しいって事。わからないものはしょうがない。わかんないって言えばいい。でもわかっているもの決まっているものの情報は広く開示して欲しい。行動の基準になる。

コロナも怖いけれど経済が回らなさすぎるのも怖い。正しい情報を知った上で自分がやりたい事、出来る事をやっていきたい。

 

 

パリディズニーに呼ばれて

私がキャラクターものに興味もないし遊園地もさほどテンションがあがらないという事を前提として以下記事を読んで欲しい。

 

そして私ではなく娘がパリのディズニーランドが自分を呼んでいるというので渋々行ってきた。

 

いつ行ったか覚えてないけれど夏だった。それはそれは暑い日だった。日本よりは空いていると聞いたけれど十分混んでた。夏休みだからなんだろう。色んな国から来てる人がいた。人気のものは2時間待ちは当たり前だった。

 

アトラクションは日本に比べればやはりクオリティが下がるが子供はそんな事はわらないので楽しんでた。東京ディズニーに行った時もそうだが付き添い感覚で来た主人がなんだかんだ1番楽しんでる。レミーのなんとやらは声出して喜んでた。

幼稚園の娘には少々刺激が強いらしくお子さま向けのアトラクション群あたりが結局ちょうどよく過ごせた。

 

高学年の息子はお一人様で激しいアトラクションを巡っていた。お一人様ラインの方が回転が速く何度も乗れるそうだ。

 

レストランは値段の割にあまり美味しくないと聞いていたのでおにぎりやバナナをもりもり持って行った。みんながレストランに並んでいる間にすいすいアトラクションに乗るという作戦だ。だがしかしみんな考える事は同じでリュックからタッパーを取り出し出番を待っている間に食べていた。

 

そんなおにぎりバナナも昼過ぎには底を尽きやがてお腹が空いてしまう。しかも夕方(17時くらい)には早々と売店が閉まってしまうので飲み物も買えない。

 

食べ物はともかく夏に飲み物が買えないのは致命的。飲み物はたくさんもって行った方がいい。

日陰も少ないので日傘を持っていけば良かったと後悔。

 

ホテルはディズニーまで送迎バスがあるホテルに泊まった。バスは頻繁に出てるしフロントでマップももらえて親切にしてもらった。きっとホテルをちゃんと選べばホテルから夜の花火も見られたかもしれない。全くディズニーに対してやる気のない私はそこまでのリサーチすらしなかった。

 

パリディズニーは日本のそれほど広くはないので周りやすく道で混乱する事もない。パレードの場所とりはこちらでもある。ただ夏は暑いので場所取りするなら日傘などの日除けはあった方がいい。

夏以外はそれほど混雑してないそうなのでお好きなら年間パスポートをゲットしてもいいかもしれない。3回行けば元を取れるそうだ。

 

ほんとは周り方のコツやらファストパスの取得タイミングなどをお伝えできればいいのだろうけれど人気のアトラクションが故障で休止していたり、娘の心が途中で折れたり(激しい乗り物が娘には激しすぎて)、息子が単独行動したりと予定通りにはいかなかったので行き当たりばったりになったが為に情報は無しです。

 

とにかく夏の訪問は食糧、飲み物、日除けは必須ですな。